先生、バスケが観たいです -season2-

プロバスケ・bjリーグの埼玉ブロンコスを応援中!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


===============================
拍手してくれると歓喜します!
web拍手 by FC2
===============================

Category: 埼玉ブロンコス

Comment (0)  

埼玉ブロンコス ニカ加入以降のスタッツまとめ(1/14時点、10試合)

とういうわけで、前回の記事でbjイースタンの1/14時点スタッツをまとめ、ブロンコスのひどさに失神寸前と相成ったわけですが、いやいやブロンコスのタレントが揃ったのはニカ・ウィリアムズ加入以降である、ついては、それ以降スタッツを見てみることで現在のブロンコスの実力値を把握し、もってブロンコスの後半戦に希望の光を見出そうということを考えたわけでです。

ニカ加入以降10試合のスタッツをまとめ、それがbjイースタンのスタッツと比較した時にどれほどになるのかを見てみたのが下表。他のチームも、途中で選手の入れ替わりやチームの成熟を考慮し、当然にしてすべて10試合分と比較するのが正解でしょうが、面倒なので断念。いいんです、はっきりいって、ブロンコス贔屓です。

ブロンコス直近10試合のスタッツと他チーム26試合のスタッツ比較
ニカ加入以降スタッツ比較

ブロンコス26試合分とブロンコス直近10試合分のスタッツ比較
ニカ加入以降のみ比較

なんともうこれは別のチームといってもいいくらいの違い。
リバウンド総数なんて10本も多く、イースタンで1位の数値。何度も数字を見返しましたが、どうやら間違っていないので、リバウンドは相当強くなっています。秋田超えー!たしかに、よく取れてると感じる。
平均得点は6点もあげ、全体4位。そして3Pの成功率は5位まで上がっているではありませんか!シュート総数は1位になる程放り、成功本数も3位となかなかのもの。下地HCのシュートは打て!効果が形になってきているんですね。シュート系の課題はあとは2P成功率のみだ!
しかしながら、得点力は格段に上がったものの、失点は相変わらずのビリ。ファールもほぼビリだし、ディフェンスが根本的に下手なんだろうなあ。結局、失点がダントツで多くて、シュート成功率が低い(2%高くなっているものの)ため、勝利まで到達できないのかなぁ。

さて、これからの見どころは、シュート成功率は上がっていくのか、そして、失点と同じく依然としてビリのアシスト数が増えて行くのかというところか。そうなると、得点力は見違えるチームになりそうです。ただ、失点はなー。せめて、あからさまにわかる集中力切れからの大量失点は、下地HC復活でどうにかなるはず!?ってそうだ!このスタッツ、すべて下地HCなしのスタッツだから、復活したらさらに良くなるのでは!?とさらに期待。

うは、なんかワクワクしてきた。


===============================
拍手してくれると歓喜します!
web拍手 by FC2
===============================
スポンサーサイト

Category: 埼玉ブロンコス

Comment (0)  

あしたのために ー2014〜15シーズンー

あしたのジョー
燃えたよ…まっ白に…燃え尽きた…

はずが、恥ずかしながら帰って参りました。

悪い意味で真っ白に燃え尽きた昨シーズン。書くのはいつも負け試合の記事。だってそうだ、5回しか勝っていない。溜まる一方のフラストレーション。その諸悪の根源は、負けた後にこのブログを書いて悔しさを増幅させている事にある!そう考えて今シーズンは、楽しむ為にも書かない予定だった。

しかしながら、プレシーズン2試合観に行ったら、、、いやーやっぱりバスケは楽しい。やっぱり書きたくなっちゃいますよ、ということで。

いや、わかっている。毎年、「今年はおれ、やるよ!?」と決意新たに大学生が4月にエグい講義をとってしまう4月病よろしく、「今シーズンは、いけるよ!?」と期待してしまうプレージーズンの9月病にかかっている事ぐらい。そして、GW明けにエグい講義をとってしまった事に「やっぱ、やめとけばよかった、、、」と後悔し、大学に行く気が失せる5月病よろしく、負けが混んで、「今年も駄目か、、、」と失意にくれる10月病にかかる事も。でもやっぱり、ブロンコスが好きなんだー!とこれまた重度の9月病。いいではないか。それも毎年のお作法だ。

ノブ、マスジュン以外はフルチェンジの新生埼玉ブロンコス。今年のチームの楽しみは、2点。

1、若い
2、下地HC

2点だけかいって感じですが、これが特に私にとっては応援したくなるツボを抑えてお腹いっぱい。

若いといっても全員ではないが、外国人含めフレッシュ感満載。若さゆえの一生懸命さや熱量、不屈。そして選手やチームの伸びしろなど、1試合1試合でどんどん成長を感じられるのではないかという期待感。下地HCの厳しさも相まって、まるで高校生の部活を応援している気分。そうこれ、ももクロの楽しみ方と一緒。(この記事参照

そして何と言っても下地HC。あんな熱い方だとはつゆ知らず、びっくりで大好きに。本日はさっそくマスジュンにぶち切れて、試合中にコートに入ってテクニカルのお手つき一発。原選手はHCの逆鱗ポイントを熟知しているようで、2試合とも怒号頂戴。お約束なのか!?今シーズンの神席は、どうやらベンチ裏のようだ。

何よりも大好きになってしまったのが、選手を人間から育てるという姿勢。プロは子供達に夢を与える仕事でもあると思うので、このバスケット選手を育てる前に「人を育てる」ことを忘れない姿勢は、私が以前ここで書いた秋田の中村元HCと通じるところがあり、私の問題意識とぴったり。嬉しい限りですごく応援したくなってしまう。弱くたっていいじゃないか。礼儀正しさや真剣さ、不屈の精神はいつだって忘れる事無く、弱くたって負けたって、プロとして子供達の見本となる選手であって欲しい。いや、でも、やっぱ強い方がいいな。

2年ぶりにバスケ界に戻ってきたようで、是非とも選手達はこのHCを男にしてやって欲しい。そしてこの復活劇こそ、プロレス的な楽しみと合致。ここで書いたように、これこそ私の大好きな要素。これほどの楽しみがあろうか。いや、ない(反語)

というわけで、今年は選手達の「成長」、下地HCの「復活」が楽しみの大きな要素。チームの、個々の選手の、下地HCの様々なドラマがどう展開するのか。楽しみにして開幕を待つ事にしましょう。そのドラマをどれだけ演出するか、スタッフさん、頼みます。今シーズンは、良い意味で真っ白に燃え尽きたい!

あー、完全な9月病。


===============================
拍手してくれると歓喜します!
web拍手 by FC2
===============================

Category: 埼玉ブロンコス

Comment (2)  

it's better to burn out than to fade away

cobain.png

it's better to burn out than to fade away

これは私が世界一カッコイイ男として愛してやまない、NIRVANAのKurt Cobainの遺書のくだり。

だんだん消えうせるよりも、一気に燃え尽きるほうがましだ

今シーズンのブロンコスを振り返ると、このフレーズが頭をよぎる。5勝47敗、勝率0.096。驚くほど潔い負けっぷり、まさに、シーズン開始から中盤に向けて「一気に燃え尽きた」。燃え上がる兆候が途中何度かあったが、灰の状態から再度燃え上がるのは難しかったようだ。bjリーグにとっても想定外の数字なのか、はたまた憐れみか、bjの公式HPの順位表では、[.96]とダントツの最下位ながらダントツトップの勝率が記載されている。
最終スタッツ

昨シーズンにブロンコスを知った時は既にシーズン終盤、今シーズンは初めてシーズン開幕からの応援となった。初めて1シーズンを通して応援できる喜び。どんな事があっても最後まで応援し切ると心に決めた。bjTVも契約し、アウエイの試合も全試合観た。一つ一つの試合を楽しむために、そしてbjリーグをよりよく知るために、開始前には相手チームの情報を調べて自分なりの試合の見所をつかみ、試合後には思った事を整理するためとバスケをより知るための一つのツールとして、自分のためにブログも始めてみた。また、このブログをきっかけに一人でもブロンコスの試合に足を運んで欲しいと思い、起承転結の起承の部分でバスケとは関係ない事を盛り込むことを心がけ、バスケとは関係ない検索ワードで迷い込んだ人をバスケ会場に足を運ばせたいと思って文章を考えたりもしていた。(結局、検索ワード第1位はダントツで「肉の山正」。みなさん、出店撤退に相当困っているようです。)

最初はバスケを観られる、ただそれだけで満足で、ホームゲームがある日は嬉しくて仕方なかった。勝ち負けよりも、ブロンコスの選手達が必死に頑張っている姿が、元気の源だった。「先生、バスケが観たいです」というこのブログのタイトルは、バスケを観たくても身近に観る環境がなかった中学時代を経て、今やプロバスケットボール、しかも地元のチームの試合を身近で観ることができる環境を得た喜びからつけたものだった。

しかしながら、徐々に観戦数を増やすうちに、いつしか欲張りになってきたようだ。なぜ勝てないんだ、なんでもっと勝とうとしないんだ、なぜあそこであんな事をしたんだ。負け続ける事による募る不満、その原因探し、ブログでも、文句が増える。試合の観戦数に反比例してバスケを観られる事への喜び自体が薄れ、負ける=つまらないという気持ちになっていく。

昨日、遂に今シーズンのブロンコスの試合が全て終了した。またしばらくブロンコスの試合を観られない。寂しさとともに忘れていた試合を観られる事自体の喜びを再び思い出す。しかし、思い出してももう終わった。それも来シーズンまでお預けだ。ちくしょう、寂しい。こんなんだったら、最後まで前向きに応援し続けるんだった!彼女にふられる時と同じ気分だ。どうして後悔は先に立ってくれないのか!

やっと初心に戻れたので、お礼を言いたい。ブロンコスの選手達、関わる皆様、お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。思い起こせば一喜一憂、いや、一喜百憂。やはり、バスケは面白い!

Kurt Cobainの遺書は、最後にこう締めくくられる。「I love you , I love you」。

I love BRONCOS , I love BRONCOS

ブロンコス大好き!早くまた試合が観たい!来シーズンも楽しみにしています!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちなみに、来シーズンはブログを書かないつもりではいますが、今シーズンは、もう少し書きます。
まあ、来シーズン、書くとしてもこのブログのタイトルは、「先生、たまにはバスケが観たいです」に変わるかもです。。。



===============================
拍手してくれると歓喜します!
web拍手 by FC2
===============================

Category: 埼玉ブロンコス

Comment (0)  

点を結んで線にする

小暮

急に暖かくなった気候にのんびり気分の桜も急に焦りだし、土曜日には一気に咲き乱れたような気がする。華やかに咲き乱れる桜は、それまでの努力を実らせて新たなステージに進む人々を盛大に祝しているようだ。

中学生の頃、学校の授業は全然面白くなかった。学校で勉強する必要性を全く感じなかった。先生の言う事は、全て教科書に書いてある。別に、教科書を自分で読むことと大差はないように感じた。

高校生になると、授業が全く変わった。付属校で受験が無いため、受験を意識しない、教科書を使わない自由な授業は斬新だった。例えば1年生の頃の国語(現代国語?)は、上期が芥川龍之介の「羅生門」、下期が武田泰淳の「ひかりごけ」で、文庫本を傍に展開される授業だった。特に「ひかりごけ」は死に直面した人間が、生きるために死んだ人の肉を食べて生き延びる話で、極限状況での倫理観や人の尊厳、生きるという事等を議論し、答えの無い一方的でない授業は経験したことのないものだった。それでも、受験も無くやりたい事もなりたいものも無く、考える事は放課後はなにして遊ぼうかが日々の主な興味ごとで、目標の無い日々にはやはり楽しいものではなかった。

しかしながら、一つだけ、叶うなら今でももう一度うけたい授業がある。この授業だけはとても楽しく、授業がある日は楽しみで仕方なかった。その授業は、「日本史」。

いつも深緑のスーツを着てぼさぼさの白髪頭で登場するその先生は、教壇に立つと腕を組んでそっと目を閉じる。そしてひたすら話しだす。もちろん、教科書も無いし板書もしない。ただひたすらに話をするのだが、その話は、様々な男が天下統一を目指して駆け上がる物語や志を達するために躍進する物語で、それが起こった背景や世間の風潮、感情、時には人物の感情を織り交ぜながら時代の移ろいを描く、ロマンあふれる物語だった。1年間の授業で語られた生麦事件までの日本の歴史は、全てが一連の流れで繋がっていて、中学生のときにただ単に覚えさせられた何年に何がおこり、何年に何がおこり、、、という個々の点を、この先生のロマンたっぷりの物語がすべてを線で結んでくれた。なるほど、過去と今は同一線上にあり、歴史を一連の流れとして点ではなく線で学ぶと、かくも面白いものか。それ以来、私は歴史に触れる事が大好きになり、今もまだ続いている。

私は漫画が大好き。登場人物から景色まで、全てを読み手にゆだねる小説も好きだが、漫画は想像もできないシーン、思いもよらないシーンを提示してくれ、それでいて、絵からは色々な感情などを読み手にゆだねてくれる漫画の方が、私には合うようだ。

家にある1000冊を超える漫画のなかで、好きな漫画は?と聞かれれば、真っ先にスラムダンクをあげる。この漫画、読んだ事ある人も多いと思うが、バスケットボールについては別にマニアックに描いているものではない。この漫画は、バスケットボールを題材にした人間ドラマとして最高の漫画だと思っている。

スラムダンクのおもしろさは、その登場人物のそれまでの道のりや背景を描いたり、要所要所で過去の話を持ち出したりして過去と今を線で結び、描かれるワンプレイに大きな意味を付けて描いているところにあると思う(全キャラではないが)。元MVPだが挫折を味わい、グレてしまったミッチー、アメリカ行きを止められ、日本一の高校生を目指して山王戦に挑んだ流川君、一日500本のシュートを欠かさなかったスーパーシューター神、デカいだけと馬鹿にされ続けた魚住、1on1の日々で鍛え上げられすぎて日本のバスケに燃えなくなった沢北、大好きな先生の教えrun&gunで勝ち進むことにこだわる豊玉メンバー、矢沢を育てきれずに失意にくれて大学バスケ界を引退した安西監督、徐々にバスケットにのめり込んで成長していき、仲間から必要とされる事に喜びを感じ始める桜木、あんなに練習したのに河田に全く歯が立たないゴリ、みんながやめて行くなか、前向きに真面目に一生懸命バスケットを続けた小暮。そこに至るまでの背景がちゃんと描かれたキャラクターは、皆さんもきっと思い入れが強いのではないか。小暮の陵南戦の試合を決めた3P。小暮が歩んできたそれまでの道程と1本の3Pを線で結んでいるからこそ、たった1本で凄く感動できる。

土曜日のVS東京、珍しくボロ勝ちで、最後はあまり試合に出ない小野寺選手の登場だ。会場は、得点を上げる事に期待に胸を膨らませる。3Pを放った瞬間、会場の念がボールに取り付いた。「はいれー!」そのボールは、ゆっくりと綺麗な弧を描いてリングを通過し、今季初の100点超えを決定づけた。やったー!会場は、小野寺選手の3P、新たな一歩を祝うように、爆発的な歓声とともに盛大に緑色が咲き乱れた。

試合後のインタビューでは、小野寺選手のコメントもあった。そして、MCの女性の方が言う。

「いつも皆さんが帰った後に、1人で練習していましたよね」

ぐしゅん。

そんな事とはつゆ知らず。小野寺選手のあの3Pの背景には、そんな隠れた努力があったのか。3Pという1つの点と、それまでの彼の隠れた努力という点を、一つの線で結んでくれたコメントだった。その瞬間、その3Pは更に価値を生み出して、思わずぐしゅんと泣きそうになった。ただ、その情報をもっとはやく知っていれば、あの3Pを決めた瞬間、もっと感動できた。

感動は自然発生的におこるものも多々あるが、往々にして作られるものでもあると思う。感動を演出したり、さらにはそれを増幅させる事は、運営側が仕掛けるエンターテイメントだろう。選手の頑張りをより感動につなげるためにも、一つ一つのプレーやその日の試合に、より意味や感動を付加するためにも、もっと選手達の努力や背景を伝えて欲しいなと思った。選手達にも歴史があり、想いがあり、その試合、その一本のシュートにさえ背景があると思う。一つの試合、一つのプレーを、ただ点で終わらせるのではもったいない。線で繋げて感動を演出する情報を、もっと発信してくれないものかなあと強く思った。わからなければ、プロレスやももクロのエンターテイメントを勉強すればいい。

===============================
拍手してくれると歓喜します!
web拍手 by FC2
===============================

Category: 埼玉ブロンコス

Comment (0)  

30敗一番乗り!

kidsreturn.jpg

「俺達もう終わっちゃったのかなぁ?」

「バカヤロー、まだ始まっちゃいねぇよ」


開幕から約4ヶ月半。谷底向けて崖を一気に転げ落ち、4バウンドしたものの気がつけば30敗。勝率5割以下はとっくに確定し、もはやプレーオフにはどう頑張っても行けない。もはやシーズン終わったも同然か!?

ってバカヤロー、まだ始まっちゃいねえよ。ブロンコスブースターなら誰もが思っているはず。こんなはずではない。ブロンコスの選手を見ていると、どうしてもこの勝率には納得できない!本来のブロンコスの力、まだ出ていない!

VS岩手、bjTVだったが、観ていてとても楽しかった!ブロンコスの始まりを感じさせてくれる内容だった。前回の岩手戦とは比べ物にならないほど見応えのある試合。これだ、ブロンコスが始まった!北野武の映画「キッズリターン」の名場面が頭に思い浮かぶ。

BRONCOS RETURN。

リターン?まだ栄華を極めていないけど、私の中では、シーズン当初に思い描いていた、少なくとも弱くは無いブロンコスが戻ってきたんだ!プレーオフなんて行けなくてもいいから、どんどん強くなって行くブロンコスを残りシーズン楽しみたい、うむ、楽しめる!と思う岩手戦だった。最弱のチーム、勝てば全てジャイアントキリング。これは楽しい。

坂東武者達よ、シーズン終了に向けて、とにかく散り方にこだわれー!

===============================
拍手してくれると歓喜します!
web拍手 by FC2
===============================

Welcome!!!

UMA

Author:UMA
プロバスケ・bjリーグの埼玉ブロンコスを応援中!興味がわいたら、ぜひ会場に観に行きましょー!っていうのが目的のブログ。

Log
Categories
Comments
Comments<>+-
Trackback <> + -
Claps Ranking
Article Ranking
Go!Go!
bjリーグのブログに興味がある方はこちらからどうぞ

にほんブログ村 その他スポーツブログ bjリーグへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ 埼玉ブロンコスへ


Links
Mail

Name:
Address:
Title:
Message:

Etc

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。