先生、バスケが観たいです -season2-

プロバスケ・bjリーグの埼玉ブロンコスを応援中!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


===============================
拍手してくれると歓喜します!
web拍手 by FC2
===============================

Category: 埼玉ブロンコス

Comment (0)  

GREEEEEEEN BOOOOOOOSTER

IMG_0018 のコピー

我が家の緑色を集めてみた。緑色が昔っから大好きで、気がつくと緑色のものを買ってしまう。写真のバイクはもう乗り換えてしまったが、緑のバイクに乗りたくてオールペンしてもらったくらい、気合いの入った緑フェチだ。

今年初めて観に行ったbjリーグの地元チーム、埼玉ブロンコスも緑色だった。これも何かのご縁か。緑色の埼玉ブロンコスのおかげで、日々に緑色の彩りがまた一つ増えて、より楽しくなりました。ブロンコス、ありがとう!来年もよろしくお願いします!

===============================
拍手してくれると歓喜します!
web拍手 by FC2
===============================
スポンサーサイト

Category: 埼玉ブロンコス

Comment (0)  

20敗一番乗り!

blog_import_528eb8cc7d78a.jpg

連敗記録ばかりに気をとられていたら、知らぬ間にちゃっかり20敗もしてる!年内に20敗達成って、どういうこっちゃ!いいネタをありがとう!大好きブロンコス!

ってことで、20敗を機に、今までどうしても言いたかった要望を、ここは声を大にしてぶつけてみたい。


試合会場に、電子レンジを置いてくれ!!!


前代未聞のイカれた発言に、ブロンコスの20敗でついに気がふれたか!?と哀れみの目を向ける方もいらっしゃるでしょうが、私は至って正常です。あえて言えば、食い意地が異常なんです。

いやね、埼玉ブロンコスの大スポンサー様、肉の山正(創業昭和14年)の「唐揚げ弁当」が最高においしいんですよ。ブロンコスのホームに来たら、もう必食のおいしさ。私も毎試合、唐揚げ弁当を食べられるように腹の空き具合を調整していくくらい好きなんです。もちろん、あのままでもすげーうまいんですが、

温めたらもっとうまいぞあれ!温めて食べたい!たーべーたーいー!チンしたいー!

気が長い方ではない

あーすっきりした。文句ではないです、至極好意的な要望です。まあ、受け流してください。もちろん、右から左へ。

肉の山正HP

===============================
拍手してくれると歓喜します!
web拍手 by FC2
===============================

Category: 埼玉ブロンコスVS

Comment (0)  

サンタなんてな、いねーんだよ! VS高松

※小学生以下の夢のある子供は、今回の記事は読んではいけません。(たぶんいないと思いますが)

「サンタはいるよ!」
サンタ否定派への私の必死な主張は、小3の時に母親によって打ち砕かれ、祖母にとどめを刺された。

サンタの存在を教えてもらったのは、小学1年生。サンタのおじさんは、頼んだ通りの図書券を、寝ている間に枕元に置いてくれた。しかも、頼んでもいない電動鉛筆削りのおまけつきだ。あまりの興奮に、いつまでたってもその図書券は使えず、鉛筆削りについては、鉛筆を削っては芯を折り、また削っては芯を折りを繰り返して、嬉しさのあまり一日中鉛筆を削っていた記憶がある。

翌年は、これまた頼んだ通りのローラースケートをサンタさんは枕元においてくれた。しかも、頼んでもいない肘あて、膝あて、ヘルメットのおまけつきだ。翌日は興奮のあまり、一日中家の前でクソ寒いさなか、あたかも光GENJIになった気分でローラースケートをしていた記憶がある。もちろん、プロテクターはフル装備だ。

そのまた翌年は、サンタさんにミニ四駆のコースを頼みたいと母に伝えた。すると母、実に不思議なことを言う。

「そういう高いものを頼むと、持ってきてくれないよ」

意味不明なその発言を理解できず、必死に食い下がる私に、母は私の耳を疑わせる衝撃な発言をする。

「あんたね、サンタさんなんていないのよ!お父さんがそんな高いもの買ってくれるわけ無いでしょ!」

「うそだー!」

困ったときは同居している祖母のところに逃げ込む私。

私「おばーちゃーん!おかーさんにサンタはいないって言われたー(泣)」

祖母「当たり前だろ!ぷか〜(タバコをすいながら)」

大人なんて信じない、そう決意した小学3年生の冬の話である。


そんな大人になった私であったが、VS高松の初戦のアンドレス選手の出場停止は、サンタの存在をもう一度信じてみようと思わざるを得なかった。万に一つの幸運とはこの事か、もはや、禁じていた「勝利」の二文字を、私の脳内で解放せざるを得ない。

会場でアップをしている選手を見たときに、その期待はさらに高まる。
あれ、HCよ!どういう心境の変化だ!?(ヒゲが無い)
む!?板倉先生、本日はカミソリの切れが良すぎましたか!?(ヒゲが無い)
お!?ぐっち!髪の毛どーした!(あ、これはいつも無い)
??マスジュン、バッシュどーした!?(異様にハデ)

いつもと違う違和感はVS信州の時の違和感に通じ、なみなみならぬ期待と、あのような試合を今日もやってくれる、そして、禁断の「勝利」の二文字をもたらせてくれるのではないかと期待が高まる!サンタさん、「勝利」のプレゼントをありがとー!!!!

って負けたー!

サンタからのプレゼントと思われたアンドレス選手の出場停止は、もはやそれでも勝てないという落胆を招くものでしかなく、やはりサンタなんていない事を知った、所沢のクリスマスイブ×4であった。

でもね、いい試合でした。本当に観ていて楽しかった。何度も袋だたきのようなダブルチームをくらいながら、その度にその隙間からひょこっと体を出してシュートを決めるドーソンのあのプレイ、板倉先生の果敢なリングアタックと相変わらずな職人技、オフェンスリバウンドに矢のように飛び込んでくるノブ、3P4本、計14得点ともはや完全復活というより進化したグッチ、そしてドーソンの豪快なリバウンドダンクに対してのコーリーの「いいもん観れた!いいもん観れた!」の2連発の叫び。

今年最後のブロンコス生観戦としては、とても楽しく終わらせる事が出来ました!来年も、負けてもいいから見所満載の試合を期待してますよ!VS高松2日目のような試合は、さすがにもうやめてくれよ!



===============================
拍手してくれると歓喜します!
web拍手 by FC2
===============================

Category: 埼玉ブロンコス

Comment (0)  

ももいろクローバーZ

メリークリスマス!

最初に言っとくが、すまん、ももクロの話だ。ブロンコスに繋がるかどうかは、筆の赴くままだ。

さて、昨日は、いよいよ待ちに待った西武ドームでの「ももクリ」参戦。もう、前日は体力温存のためVS高松もbjTVで我慢、全ては、翌日23日に向けては22日は臨戦態勢の最終調整日。要は、気分は浮かれまくりなのである。
IMG_0124.jpg
※浮かれすぎて衣装自作の妻(26)

いやーとにかく楽しかった。そして、すげー良かった。すげー感動した。いやね、泣いたのですよ。34歳のおっさんが。次のライブが、国立競技場2DAYS(3/15,16)という発表の場面で!!

ももクロはプロレス的なエンターテイメントを多用し、大箱のライブでは必ず次のライブの予告を南国ピーナッツ(松崎しげる)が行う。要は、そのライブを点で終わらせるのではなく、プロレスのように次の試合につなげる演出で今回のライブと次のライブを線で繋げる。しかも次のライブが、今回よりも魅力的でハードルが高いもので、ももクロの成長物語、夢物語を演出している。結果、ファンはその成長が続く限り、その成長物語、そして夢物語から抜け出せなくなる。
いいおっさんに涙を流させてしまう少女達エンターテイメント、本当に最高である。なぜこの国立2DAYsの決定で泣けるのかは、よもや知らない人に伝えるには時間がかかりすぎるので割愛するが、とにかく国立競技場でのライブはももクロの「夢」。それがかなう事がわかったときに立ち会えた喜びと興奮で、泣いてしまう。ちなみに、離れた席に座っていた妻もここで号泣したらしいし、左隣のおっさんも、右隣のオタクも、前の可愛い若いねーちゃんも、ヤクザっぽいおっさんも、泣くのである。こんなに老若男女の涙を誘うエンターテイメントが今まで出会った事が無い。恥をわきまえずに好きになってよかった。

ももクロの良さがわからないという方、知りたいという方、次の映像をぜひ観て欲しい。




上記の映像で頻繁に出てくるのが、「一生懸命」「熱量」。「高校球児を応援しているようだ」とは、実に言い得て妙。そういえば、ブロンコスVS信州の初日、あの選手達の必死さと「熱量」に包み込まれ、試合の終盤に泣きそうになったのを思い出した。負けてもいい、試合における感動は「熱量」、そしてそれこそが最高のエンターテイメント。そして、その「熱量」のある試合でプレーオフに出れるという「夢」をいつかかなえてくれたとき、号泣するんだろうなあ。いやいや、その前にもはやブロンコスブースターにとっては次の1勝が「夢」。もしかしたら、次勝ったとき、その場に居合わせたら、きっと泣いちゃうんだろうなぁ。その一勝を見逃したくないから、負けるとおもってても、会場に行っちゃうんだよなぁ。なるほど、これがブロンコス的エンターテイメントか。こちらにもまんまとハマっておる。さて、次の1勝で泣かせるエンターテイメントの立役者は誰か!?HCか!?選手達か!?はたまたコーリーか!?やはり、抜け出せない!これがブロンコス道か!ぐぬぬ

ちなみに、ももクロに興味を持った方、とりあえず、初の大箱開催でのライブという「夢」、ももクリの2011を観るといいよ。最初から泣くよ。彼女達の一生懸命さにも、心打たれるよ。特におっさんがたや、落ち込んでいる方、刺激の無い毎日に嫌気を感じている皆さんにお勧めするよ。

って、やばい、筆の赴くままに書きすぎてまとまらんが、しょうがない。スパークリングワインを飲み過ぎた。クリスマスだからね。メリークリスマス!

次回、「サンタなんてな、いねーんだよ!夢は寝てからみやがれ!VS高松」。お楽しみにー(多分書かない)

===============================
拍手してくれると歓喜します!
web拍手 by FC2
===============================

Category: 埼玉ブロンコス

Comment (0)  

賢い人だけが次の波を待つ

「僕は今波のりしながら考えたよ。 波は運命で、人間がそれにうまくのれると 何でも思ったように気持ちよくゆくが、 一つのり損なうといくらあせっても、あわてても思ったように進むことが出来ない。 賢い人だけが次の波を待つ。そして運命は波のように自分達を規則正しく訪れてくれるのだが自分達はそれを千に一つも生かすことができないのだ。それを生かすことができたら大したものだ。」

これは、私の好きな、武者小路実篤の『友情』という作品で大宮君が言った台詞である。私は、この台詞が異様に好きでして。うまく行かないときは、いつもこの台詞を思い出すようにしています。
一度乗り損ねたら、どんなに追いかけてもその波には追いつけない。でも追いつこうとするから、だけど追いつけないから、全然うまく行かない負のスパイラルに陥る。うまく行かなければ気持ちをリセット、次の波を待てば良い。実にシンプルで、蟻地獄に陥らずに済む素晴らしい台詞だ。

待つよ、次の波に乗っかるブロンコスを。ビッグウェーブに乗っかるブロンコスを!

と、本日連続で慰めの記事を書いてみる。いや、一番慰めたいのは他でもなく自分なんです。



===============================
拍手してくれると歓喜します!
web拍手 by FC2
===============================

Category: 埼玉ブロンコスVS

Comment (0)  

口笛吹いて歩こう VS高松

負けた。。。さすがに落ち込むわ。選手もブースターもみんな頑張っているのに。負けたくて負けてるんじゃないのも知ってる。勝ちたがってるのも知ってる。選手達の気持ちを想うと、くやしい。ただただ、ひたすらにくやしい。

そんな落ち込んだときはさ、私が大学生の頃から大好きな日本一の歌うたい、斉藤和義のこの歌を聴くといいよ。


※斉藤和義「空に星が綺麗」

HCがよく言ってるけど、ブースターの皆さんも含め、下を向かず上を向いていこうぜ。下を向いてもさ、タバコの吸い殻くらいしか落ちてねえ。夜空を見上げれば、星が綺麗だ。前向きになれる。頑張ろう!楽しもう!

明日はももクロのライブ、テレタマでやるからさ、それ観て元気もらうといいさ。いやね、彼女達はどんなライブでも「楽しそうに」やっているよ。負けてもせめてさ、バスケは楽しいってことは伝えようぜ!だからさ、ブロンコスベンチ!もっともっと、試合中は明るく楽しそうにしようぜー!おっさんども!率先せい!若者よ!若気を至れ!立ち上がれ!コーリーが言ってるだろ!さわげー!だ!ももクロのノリだ!あーりん!あーりん!うおー!(ヤケクソ)

それはそうと、ノブのダンク撮ったどー!ごちそうさま!試合での炸裂を楽しみにしているぜ!
IMG_0017.jpg
私も試合の写真でも撮ろうかなぁ。いい写真とれれば、それだけで「いいもん撮れたー!」って楽しくなりそうだもんなぁ。


===============================
拍手してくれると歓喜します!
web拍手 by FC2
===============================

Category: 埼玉ブロンコスVS

Comment (0)  

先生、うどんが食べたいです VS高松

IMG_0016.jpg

上の写真は、今夏の香川出張の際に食べた4杯の本場の讃岐うどん。どれも特徴的でおいしかったが、共通して言えるのは強いコシのあるうどん。水沢うどんも稲庭うどんもうまかったが、やはりうどんで一番うまいと思うのは讃岐うどん。「うどんはのどごし」とは出身者談。それを実感するレベルまではまだ修行が足りないが、とにかくうまいのだ。ちなみに、酒飲んだら、〆はラーメンじゃないぞ、カレーうどんだ!と言われ、嘘こけ!と思いながら食べたらめっちゃうまかった。そんな香川出張の思い出である(グルメ記録はインスタで)。

そう、讃岐うどんと言えば香川、香川と言えば高松、高松と言えば、今週末のvs高松讃岐うどんず、もとい、高松ファイブアローズである。讃岐うどんよろしく、コシの強いディフェンスが特徴的とは、誰が言ったか言わないか。

とにかく、知らないのである。bjリーグのイースタンのチームですら今年が初見のチームも多いのに、ウェスタンとは実に敷居が高い。しかしそれこそがbj初心者の楽しみ。まずは高松讃岐うどんず、しつこい、高松ファイブアローズを調べてみる事にした。

なるほど、ライオンズという選手が凄いのねと。週間MVPとは恐るべし。週間MVP提供チームにならないかドキドキしている我々にとって、週間MVPがいるだけで腰が引けてしまう。そして何よりも西武のお膝元、所沢にライオンズ、なるほどこれは面白い。高松戦を所沢会場にしたのは誰かの企みか!?ってことは、オレステス・デストラーデもいるのか!ってそんな都合良くは出来ていない。お、ホームのユニホームは讃岐うどんの汁色ね。これはなかなかユニーク。

そしてやはりブロンコスブースターの悲しい性、20連敗の記録保持チームであることが何よりも印象深い。なんだ、なかまじゃーん!と思ったら今シーズンは7位!ブロンコスが負けた大阪にも勝ってるのかと、、、どうやったら這い上がれんのか、ブロンコスに教えてやってくれよ!(7位でもうらやましい)

さて、そんな連敗記録を持つ高松、そんな負の記録はさっさと塗り替えてもらわないと、いつになっても言われ続けてしまう。そんな中での、15連敗中のブロンコス戦である。ここは絶対勝って、連敗記録を塗り替えさせたいだろうが、そうは問屋が卸さんぞ。ふふ、たとえ2連敗の17連敗になっても、その次の対戦チームは、、、沖縄!沖縄!おーきーなーわー!ここで負けたら、あと1敗で連敗記録タイ決定だ!そしてその次は群馬・・・群馬の初戦に負けて連敗記録タイ、2連敗して更新ってことになると、、、嗚呼、精神的にもう堪え難い。ってことで、ブロンコスにとっては絶対に、せめて1勝はしなければならない重要な戦いである。

【後日追記:あ、連敗記録は20じゃなくて25でしたね。間違ってました、すんません。となると、まだ安心だ!(何がだ)と思ったら、ブロンコスの連敗記録は19、、、ここの記録更新は間近か、、、】

というわけで、久々の試合前のスタッツ比較をしてみる。
VS高松事前2
※クリックで全体を確認できます。

・・・・・・

って特徴ねぇー!!このスタッツ比較、イースタン平均値以上の値は水色になるのですが、ほぼ、白。平均以下。ブロンコスもここまで落としたかと改めて悲しくなるが、7位の高松も同じようなスタッツ。ウェスタンはオフェンスよりも数字に表れないディフェンスよりなのか?確かに、同じようなスタッツでも失点は高松の方が少ない。ってことは、やはり讃岐うどんのようなコシのあるディフェンス!?攻撃力の弱いブロンコスが押さえ込まれるか、お返しに新潟戦のようなディフェンスを発揮し、高松をスタッツ通りの数字に押さえ込んでロースコアゲームになるか。いずれにしても、初日は、波がありそうだが良いスタッツを出してる高松のアンドレス選手が出場停止だ。ここをつけば、1勝さらえるかも!?
最近マークが加入して、ブロンコスのオフェンスリバウンド率が4割〜5割くらいにめちゃ強化されたので、スタッツとアンドレス選手の出場停止を鑑みると、初日は勝機が十分にある!

勝ち負け?関係ないって言うのは、負けた時だけだ!やっぱり勝ちたい!


===============================
拍手してくれると歓喜します!
web拍手 by FC2
===============================

Category: 埼玉ブロンコス

Comment (0)  

埼玉ブロンコスZ

街はクリスマスムード一色。師走の忙しさを忘れさせてくれるカラフルで華やかな街の景色は、浮き沈みのあった1年を前向きな気持ちで終わらせてくれる。

さて、今週末の3連休には、そんな1年を前向きに終わらせてくれる、待ちに待った一大イベントがある。NBAもクリスマスゲームは魅力的な試合が組まれるが、真冬の埼玉・所沢で開かれる試合も、そんなNBAのクリスマスゲームに負けず劣らずの魅力的な試合だ。いいおっさんの私も、浮かれすぎて頭には赤い帽子をかぶっていきそうな勢いである。もちろん、夫婦で参戦、妻は衣装自作の気合いである。声がかれないか、それが心配だ。

試合中はとにかく全力で応援だ。推しメンの見せ場ではより一層、全員の見せ場では会場が一体となって全力で応援する。それぞれが思い思いのグッツを手にし、身にまとい、会場全体が一体となって、皆が全力でそのイベントを盛りに盛り上げ成功へ導く。

そう、その試合とは、通称「ももクリ」。ももいろクローバーZの冬の一大イベント、12/23開催のももいろクリスマス2013・西武ドーム大会(当日は、我らがテレ玉で生中継しますよ)。以前はなかなかチケットがとれなかったが、幸運にも昨年のももクリから春の西武ドーム、夏の日産スタジアムと抽選が立て続けに全て当選、サマソニも入れると今回で5回目のももクロの応援だ。

生まれて初めてアイドルにハマったわけだが、その魅力はアイドルとしてのももクロそのものにはさほど無い(個人的には)。私にとっての魅力は、ももクロのプロレスを意識した演出にあり、そこが実に面白い。マネージャーが大のプロレス好きで、総合演出は当時一世を風靡したPRIDEの演出をしていた佐々木敦規という布陣。ライブ名には「○○大会」と表し、ライブ自体は「試合」と表現する。試合と表現するからには、試合中はまさに全力。そこがが魅力の一つで、そこにいい大人が感動し、下手すりゃ涙してしまう。

2011、2012とももクリの大会会場はさいたまスーパーアリーナ。その会場である理由は、年末の格闘技の聖地だからのようだ(今年はフィギュアにとられたたっぽいが)。よって、ももクリのオープニングは、2年続けて、PRIDEのオープニングと同じ。ダンダンダダン!で始まり、ケイグラント、レーニー・ハートによるMCは、知っている者を興奮の渦に飲み込んでゆく。今年は西武ドームだが、はたしてそれでも定番で始まるのか楽しみである。


※ももクリ2012オープニング参考映像

他にも魅力はたくさんある。常に全力であることはもちろんの事、随所に盛り込まれるプロレスの名言やしぐさ、ドリフや一世風靡の踊りや武藤のプロレスラブのポーズ、ビリーズブートキャンプ等を盛り込んだダンスは、知っている者をニヤリとさせる。(もっというと、それらを何も知らない彼女達にやらせることで、やらせている裏にいる大人達が大いに楽しんでいる様を想像できるのがおもしろい。)ライブではゲストとのコラボレーションも楽しく、2011ももクリでは、大好きだったメガデスの元ギタリスト、マーティー・フリードマンが登場してド肝を抜かれ、その前の中野サンプラザでは武藤敬二登場でプロレスラブ、2013春は南こうせつの登場で神田川を生で聞けたのは感動だっし、2013夏は満を持して布袋寅泰の登場。ももクロを観に行って布袋の生ギターを聴けるとは、これは興奮が止まらない。

さて、来年の最初の一大イベント観戦は、新日本プロレスの1・4東京ドーム。今回はこのイベントの演出を前出の佐々木氏に依頼した模様。早くもももクロを絡めたエンターテイメントを仕掛けてきている。


※ももクロVS新日1・4東京ドーム 公式あおり

プロレスの試合自体もビックマッチ続きで楽しみであるが、伝統の1・4東京ドームとももクロの当日のコラボはあるのか、今からこの部分も楽しみである。

・・・・・・

いやね、ももクロの成長物語の話から、山崎選手の成長物語をもっと見たい!という内容と、埼玉ブロンコスも、最終形体(後が無い)という意味で「埼玉ブロンコスZ」にすればいいじゃんと意味不明な事をついでに言って本日は終了、とするはずだったんだが、もう収集つかないのでここで終了。大宮方面在住の私は、所沢に3日連続でいくのはしんどい(埼玉は東西のアクセスが異様に不便)ので、多分bjTV観戦で今年のブロンコスは終了。いや、でも一日ぐらいは行きたいなぁ。

===============================
拍手してくれると歓喜します!
web拍手 by FC2
===============================

Category: 先生、バスケが観たいです

Comment (0)  

子供達がみている〜秋田を見習え

先生、バスケが観たいです。

バスケに夢中になっていた中学時代、スラムダンクやNBA初代ドリームチームにより加熱するバスケブームとは裏腹に、田舎に住む僕らにはバスケを観戦する環境が身近になかった。でも、どうしてもバスケを観たくて、先生に部活仲間と冒頭の言葉を発した。先生は、「なかなか日本じゃね」と。当時はスパーリーグがあったんだろうが、先生は知ってか知らぬかはわからぬが、身近でなかったのは確だ。

bjリーグという、地域密着のプロチームができたおかげで、今の子供達には随分とバスケが身近になったんじゃないかと感じる。前にも書いたが、bjリーグの試合を観に行って、子供達がそのプレイを見て歓喜している姿を見ると、とても嬉しくなる。bj リーグの理念に、子供達に夢と感動を与えるとあるが、バスケットのスーパープレイは、他のスポーツにはないある種超人的な凄みがあり、それを生で観れる興奮は半端なく、バスケットが好きな少年少女達に夢と希望と憧れを与えられる素晴らしいスポーツだと思う。

他のチームはわからんが、少なくともブロンコスはあんなに席があまっているなら、埼玉の小中学校にチケットばらまいて、もっと子供達を招待してあげればいいのにといつも思う。もちろん、ビジネスとしてそれでいいのかとなるだろうし、チチケット買って来てくれている人に失礼というのもあるだろうが、いずれにしても、どうせ席は余っている事実は変わらない。。大丈夫だ、子供が来れば、親もくる。グッツも買うだろうし、リピートだってある。きっと商売になるさ。NBA、海外リーグにチャレンジできる人材の排出もbjリーグの理念のひとつなら、こういった側面からも未来の選手達に貢献すべきだと思う。

たくさんの子供達に観て欲しい理由は、他にもある。子供達にみられているという意識があるのであれば、もっとスポーツマンとして見本となるような行動も取ってくれるのではないかと期待もしている。勝敗にこだわる姿勢はわかるが、ことあるごとに審判にぐちぐち言っている姿、何を言っているかわからないが、「ママ、僕は悪くないよ」とHCに訴えているようなあの姿、みていて見苦しい。テクニカルでもくらわせて、さっさと退場させれば良いのにといつも思うし、応援するモチベーションもだだ下がりである。今日の新潟戦、三澤かグッチか忘れたが、ぶっ倒れて試合が中断し、チームメイトが駆け寄っているさなか、そんなことお構いなしに一人で審判にぐちぐち言っている姿をみたときは、本当にうんざりした。チームに無くてはならないすばらしい選手なんだ、どうか、がっかりさせないでくれ。

私は、野球、バスケとやってきたが、審判のジャッジは絶対で、絶対に逆らってはならぬと習った。こんな基本的な事をチームの選手にしっかりと指導出来ないなんて、バスケを教える以前の問題で、HCはそもそもの指導者としてもいかがなものかと思う。それとも何か、プロなら審判に文句たれればジャッジは覆るのか。次は見逃してくれるのか。それならわかるが、その答えは如何。

bjマガジン創刊号の秋田の中村HCの記事から、とても心に響いたので引用する。

中村の指導はプレーのみならず生活面全般において徹底している。
「今年は髭も全部剃る事にしました。プロバスケットチームなのでもちろんそれがすべてではないと思いますが、外国人選手も含めお酒やたばこなども自粛しています」爽やかな身だしなみを保つこと、挨拶、生活習慣など生活の基本を最も大切にしいている。子どもたちの憧れるチームであることの大切さ、子どもたちに指導できるチームであってほしいとの願いが込められている。
「挨拶によってコミュニケーションをとると犯罪が無くなったり、絆ができたり、ただバスケットで勝利すればいいというわけではないと思う。手がつけられないような子には徹底的に手をかけてあげ、コミュニケーションをとることで、とても素直にそれにこたえてくれるようになります。最初はいいチームに育て上げる。ミスをしなかったり、細かいことを一生懸命頑張ったり、記録に出来ないことを頑張れるチームになっていければ、やがて今度そのチームは強いチームとなるのです」
いくつもの弱小チームを日本一強いチームへと育ててきた中村の原点はここにある。
多くのバスケットボールプレイヤーを育て、やがて教え子たちは巣立ち、中村の教えを次の世代へと繋いでいる。中村は優秀なバスケット指導者であると同時に、人を育てるプロなのかもしれない。


ブロンコスの試合を見慣れた私にとって、秋田戦を観たときの新鮮さはこれだったかと納得した。そして秋田の強さも、不思議と納得できた。ひげを生やした大きなHCにも見習って欲しい。弱くても、子供達の見本になるチームではあって欲しいと切に思うし、それはブースターにとっても誇りになると思う。

こんな記事を書く私も、審判にぐちぐち言っていることと大差ないとは思うが、今は傍らにウィスキー、どうか勘弁してくれと、勝手なことを言って終了。酔ってなくても、私の主張は変わらんが。うん、だいぶ話がずれた。

===============================
拍手してくれると歓喜します!
web拍手 by FC2
===============================

Category: 埼玉ブロンコスVS

Comment (0)  

ブロンコスにハートブレイク VS新潟

今は駄目2


「もしかしたら、勝t」
「まだ口にするな!」

bjTVを見ながら、何度も口にする妻を制した。今まで、何度も期待し、最後には心が砕けた経験から、そんな事を試合の途中で思ってはいけない事ぐらいわかっているだろう。期待するから心が砕ける、期待しなければ、心は砕けないんだ。ただ、無心で、目の前のワンプレイに集中して一生懸命応援する、それで良いんだ!

そんな身に付けたくもない保身術を身につけた私は、絶対に、「勝てるかも!?」という気持ちを試合の途中に持たぬよう自らに言い聞かせている。なお、スコアボードを試合中は見ない、そんな悟りの境地へむけて現在修行中であるが、これがなかなか険しい。

・・・・・・

ほら、やっぱりー!ほとんどリードしてたのに!しーてーたーのーにー!

でも楽しかった。ディフェンスも良かったし、最近は競った試合すらなかったから、久々に試合の勝敗の行方に興奮できるゲームだったし!それに、オーバータイムの分だけ試合を長く観られて、得した気分でお腹いっぱい。
それにしても、やっぱ三澤選手がいると良いね。古巣新潟に少しは恩返しできたかな。これからもたのむよー。

===============================
拍手してくれると歓喜します!
web拍手 by FC2
===============================

Welcome!!!

UMA

Author:UMA
プロバスケ・bjリーグの埼玉ブロンコスを応援中!興味がわいたら、ぜひ会場に観に行きましょー!っていうのが目的のブログ。

Log
Categories
Comments
Comments<>+-
Trackback <> + -
Claps Ranking
Article Ranking
Go!Go!
bjリーグのブログに興味がある方はこちらからどうぞ

にほんブログ村 その他スポーツブログ bjリーグへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ 埼玉ブロンコスへ


Links
Mail

Name:
Address:
Title:
Message:

Etc

1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。