先生、バスケが観たいです -season2-

プロバスケ・bjリーグの埼玉ブロンコスを応援中!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


===============================
拍手してくれると歓喜します!
web拍手 by FC2
===============================

Category: 埼玉ブロンコスVS

Comment (0)  

先生、とんこつラーメンが食べたいです VS福岡

IMG_0019.jpg
IMG_0020.jpg


上の写真は、3度の博多出張で食べた豚骨ラーメン7杯+おまけの長崎のチャンポン1杯(博多出張の際にわざわざレンタカーを借りて長崎中華街で食べた)である。

好きな食べ物は?と聞かれれば迷わずラーメンとこたえるメタボな私。特に好きなのは、もちろん豚骨ラーメンである。骨の髄まで煮込まれたクリーミーで濃厚な豚骨スープと、バリカタの細麺、紅ショウガ、チャーシュー、ネギ等を組み合わせたラーメンは、店ごとのこだわりが表現された、まさにどんぶりの中の小宇宙。
「博多ラーメンはおやつみたいなもんだ」とは出身者談だが、現地の人の気持ちを理解すべく、一通り飲んだ後に3件ラーメン屋をはしごしたのは今となっては良き思い出だ。(気持ち悪くなってすぐ寝た。)

そう、ラーメンと言えば博多、博多と言えば福岡、福岡と言えば、明日からのVSラーメンズ福岡、もとい、ライジング福岡との戦いである。博多ラーメンよろしく、替え玉感覚で次々とシュートを打ってくるチームとは誰が言ったか言わないか。

ウェスタンのチームなので、とにかく今までのアンテナには全くかからない。そう、とにかく知らないのである。いやしかし、一つだけ知っている。そう、ラーメンズ福岡、しつこい、ライジング福岡の、昨シーズン東京にいた青木選手だ。やんちゃな虚無僧のような見てくれからは想像もできないほど綺麗なモーションでシャッとシュート決める、相手にすると憎らしく、味方にすると恐らくとても頼もしいであろう選手。

このVS福岡、私の中では見所は2つ。

1つめは、埼玉VS福岡のマルコメガチンコ対決。
福岡は現在3P成功率王者のマルコム=X、もといマルコメ=A、その名も青木選手だが、埼玉のマルコメはマルコメ=G、その名も言わずもがなのグッチである。両人とも、必殺シュートは遠距離砲の3Pだ。
そこで、マルコメ対決に先立ち、まずは3Pシュートの平均スタッツを比較してみる。なお、グッチはシーズン最初はダメダメだったが、嬉しい事に12月あたりから3Pの調子が恐ろしいほど良くなって、復活というより進化を果たしたので、12月以降の数字でブロンコスブースターに都合良く比較する。ほら、マルコメ=Gは大器晩成型だから。

マルコメ=A 3P成功率:51.5% 3P成功数:1.4本 3P試投数:2.8本
マルコメ=G 3P成功率:43.3% 3P成功数:2.2本 3P試投数:5.0本

やはり!さすがマルコメ=Gこと我らが大好きグッチである!成功率こそ負けているものの、1試合成功本数は勝っているではないか!所沢のホーム決戦での勝負、成功本数で競おうぞ!(ブロンコスブースターの都合)。
それにしても、3Pは上記成功率だが、2P含めても約半分のシュートを決めるとは、なんと恐ろしきかなマルコメ=A。この成功率もぜひとも目撃したく、何れにしても楽しみな戦いである。
ちなみに、負けた方は、テリーマンよろしくおでこに「米」とでも書くデスマッチ形式ならなお楽しい。なお、テリーマンは米国の「米」だが、両マルコメはマルコメの「米」であるところにダサさの違いはある。ちなみに、両マルコメはどこまでがおでこなんでしょうか。

そして2つ目の見所は、何と言っても、連敗したら27敗。そう、勝率5割以下確定の負け数についに到達してしまうのである。
おい!連敗とめて浮かれていないか!?でも、この記事で言うところの第2Xデーは必ずやってくるのだよ!勝率5割以下、そう、プレーオフ絶望ライン到達だ。いやさ、シーズン終了までまだ3ヶ月あるよ!?いくらなんでも、残り3ヶ月が消化試合とはしんどいぜよ!
何も、この状況でプレーオフにいけるとは正直思っていないけど、数字がまだ絶望ラインに到達していない以上、奇跡を信じて応援するのがファンとしての努めとは思っていたが、数字にその絶望をつきつけられたらもう諦めざるを得ないのである。って、闘う前から負ける事、しかも連敗する事考える馬鹿いるかよ!と猪木に闘魂ビンタされそうなのでこの辺でやめておきます。

どうせなら、次のVS島根、bj最弱決定戦でプレーオフ絶望ラインに到達した方が、よっぽどネタになっていい。どうか、せめて1勝たのんだ!そのためには、やはりマルコメ3P対決で勝たねばならんのだ!!




===============================
拍手してくれると歓喜します!
web拍手 by FC2
===============================
スポンサーサイト

Category: bjリーグ スタッツ

Comment (0)  

bjリーグ(全21チーム)1/22時点スタッツまとめ

さて、これまでbjリーグのイースタンカンファレンスのみのスタッツとその推移をみてきましたが、ここで初の試み、ウェスタンカンファレンスもまとめてみたいと思います。
私はブロンコスを通してしか他のチームの試合は観ないので、正直、ほとんど試合をしないウェスタンカンファレンスの事はほとんど知りませんし、さしたる興味も正直ありませんでした。
今回まとめてみようと思ったきっかけは、沖縄戦を観たときに、ウェスタン最強チームで強い事は強いんだが、なんかイースタンの強いチームとくらべて、あまり爆発的な攻撃力を感じないなあ。。。という違和感を感じた所に端を発します。いやね、弱いチームを応援していると、相手の攻撃力の強弱が特によく見えてくるんですよ。ほら、攻められまくるから。というわけで、東西で勝つためのポイントが違うのか?傾向に違いがあるのか?ということに興味を持ったので、ちょうど折り返し地点という事もあり、今回まとめてみる事にしました。
いずれにせよ、ウェスタンのチームの事はほとんどわかりません。あしからず。(沖縄の山城選手はファンです)

<イースタンスタッツ>
20140122east.png

<ウェスタンスタッツ>
20140122west.png

<イースタン+ウェスタン 混合スタッツ>
20140122all.png

20140122all_rank.png
※クリックで拡大し、全体を確認できます。

って東西で全然違うじゃん!おもれー!というわけで、以下は感想。

東は得点、西は失点の相関係数が高い
まず目についたのがこれ。勝率との相関が逆!これって凄い違いじゃない!?

得点の相関係数
東:0.9 西:0.6
失点の相関係数
東:0.4 西:0.8

0.7以上が強い相関なので、東は得点、西は失点が勝率と強い関係がある様子。ちなみに、秋田は全体で得点1位、沖縄は全体で失点が1位。得点、失点、それぞれ10点も離れてる。最強オフェンスVS最強ディフェンス、最強の矛と最強の盾はどっちが強いのか!?この戦い、すーげーみたい!プレーオフでの対戦を期待です。
ちなみに、個人別の得点ランキングをみても、東8名、西2名とかなり違うし、西の得点1位、失点9位の大阪は西7位、東の得点2位、失点はビリ(bj全体でもビリ!)の信州は東4位で、同じようなスタッツでも順位が全然違うし、シュートの総試投数の全体トップ5のうち4チームが東、ワースト5のうち4チームが西ということからも、傾向の違いが明らかですね。あと、ターンオーバーの全体トップ5は全て東。東の方がオフェンスはうまいのか!?それとも、ディフェンスが甘いのか!?ここも興味深いですな。

シュートでは東が2P成功率、西はフリースロー成功本数が勝敗の一つの鍵!?
シュート系だと、見出しのスタッツが勝率との相関が高い。東はいかにフリーで確率の高い2Pを打てるか?西はいかにゴール下の混戦でフリースローやバスカンを得て、しっかりと決めるかということか。フリースローの本数が勝敗に影響を与えるのだとすれば、西の攻撃力はどこも拮抗しているという事か!?確かに、奈良を除くと、2P成功本数が東よりも分散が小さい。また、1位沖縄の2P各スタッツが全体トップ10に入っていない(試投なんて19位!)こともあり、東の特徴と全然違って、色々とすげー興味深いのは確かだ。
ちなみに、東の岩手は、2P全スタッツが東1位、3P全スタッツが東ビリである事は前記事で触れたが、東西会わせても同じく2P1が位で3Pが21位のビリというところが極端すぎて面白い。

プレーオフボーダーラインの勝率は東50%、西40%?
オーバーカンファレンスは東が14試合勝ち越し。東平均勝率52.3%、西47.5%。どうせならオーバーカンファレンスも全チーム対戦できるようにすればいいのに。オーバーカンファレンスの対戦相手がそれぞれ違うのに、各カンファレンスの土俵で勝率勝負でプレーオフ進出を決定するというのは、対戦相手によって勝率に差が出るのでいささか疑問ではある。例えば、ブロンコスと試合がある場合は、他より確実に勝率を稼げる!みたいな!?ってブロンコスをなめんな!
上記がプレーオフボーダーラインとすると、東は横浜、仙台、青森の3チームでの6位争いが今後の見所。西は大分、高松、滋賀、大阪、福岡の5チームでの4〜6位争いが見所か。東は上位、中位、下位の層がはっきり分かれているが、西は中位の幅が広く、混戦でまだわからない感じですね。これは中位チームの各試合の勝敗が楽しそうだ!

西はチームスタッツを見るだけじゃさっぱりわからん
スタッツだけの総合順位を付けてみたくなって、単純に順位を合計した順位(「得点属性」は指標なので除く)を、東西合わせた各スタッツの順位表の右端に付けてみました。それが「順位計」の項目。
そうは言っても、スタッツごとに重要性は違うよなーという事で加重をかけたかったので、各スタッツの順位に相関係数をかけたものの合計も出してみました。それが、「加重順位計」の項目。これで、「順位計」よりも「加重順位計」の方が順位が上がれば、ツボを押さえたバスケをしている、逆であれば、ツボを押さえていないという事になるかなと。でも多分、統計学的にはこの順位を合計した指標や加重の掛け方(特に相関係数を掛けるところ)はでたらめだと思います。あくまで、参考までにという事で。
東の場合は、上位は合計しても加重を掛けても上位だし、下位は下位でわりと素直ですが、西はどうも違う。
高松なんて、順位合計全体21位でビリですよ。加重を掛けると全体17位でツボは押さえているものの、でも、ワースト5に入ってる。全てのスタッツにおいて、フリースロー以外は全て全体トップ10に入るものは無い。それでも、勝率の順位は西で5位。嘘だろ。逆に大阪は、順位合計で全体5位、加重を掛けると落ちるがそれでも全体7位。シュート系スタッツは西のトップと言っていい。でも、西の7位。なぜ!?もっというと、西のダントツ王者、沖縄は順位合計が全体4位で東4位の信州の次。
要は、スタッツに表れにくいディフェンスよりのカンファレンスだと、こんな結果になるのね。結局、スタッツ比較しても西はよくわからん!
とりあえず、2月は福岡戦と島根戦のホームがあるので、楽しみにしてみます。

そして我らが大好きブロンコス
勝率だけならまだしも「加重順位計」までも全体ビリ。まあ、東はそうなるね。24項目中、なんと12項目が全体ワースト5って。。。これ以上言及しない。とりあえず、楽しませてくれい!!それでいいっす!

ちなみに
ここで掲示したスタッツ(当ブログで掲示した他のスタッツも含め)、ブログ等で使いたかったら使ってください。こういう指標から、どんな事を読み取るのか勉強させてください。せめて、利用したら読めるように、その旨教えてもらうか、リンクを貼ってくれると(アクセス解析でとべるので)ありがたいです。


===============================
拍手してくれると歓喜します!
web拍手 by FC2
===============================

Category: bjリーグ スタッツ

Comment (0)  

bjリーグ(イースタン)1/22時点チームスタッツまとめ

さて、ブロンコスも28試合消化、残り24試合と折り返した時期になりましたので、bj初心者である私のお勉強のために、恒例のイースタンカンファレンスのスタッツまとめをしてみます。イースタンカンファレンス内では、どのチームも対戦済みのはずなので、対戦チームによる偏りのない、今のカンファレンス内での実力値を表しているはずです。
さて、前回まとめ(12/2時点)から平均11試合消化、果たして、どうなったか!?数字に面白みはあるのか!?数字は嘘をつくのか!?
例によって、素人のエクセル遊びですのであしからず。

前回まとめ:12/02時点
前々回まとめ:10月末時点

20140122-1.png
20140122-2.png
※クリックで拡大し、全体を確認できます。上記は2つの画像に分かれています。

プレーオフ圏内の順位の変動を見ると、前回から1位秋田、2位富山、4位信州は不動、3位新潟が5位へ転落、5位岩手が3位へ浮上と、岩手は勝率16%もあげる躍進。うわー、この期間、ブースターはたまらなく楽しかっただろうなー。そして6位青森が一気に8位へ転落。前回、得点ビリ、失点1位で面白いスタッツだったので、動向を楽しみにしていましたが、やはり点をとれないと結局駄目か。ブロンコス?ブービーからビリに転落しましたけど何か?そして横浜が再度6位のプレーオフ圏内に返り咲き。せめて関東から、横浜くらいはプレーオフに出て欲しいものです。

下記にスタッツを見ただけの感想を。皆様、ごひいきのチームのスタッツを見てニヤニヤしてみてください。まあ、ブロンコスブースターは無理ですけどね。。。

勝率と各スタッツの相関関係
勝率と高い相関関係を示したのが、得点(0.9)、2P成功率(0.9)、アシスト(0.9)、リバウンド(0.8)。相関係数も高く、相関関係がより顕著に表れてきました。高いシュート成功率を引き出すアシストで得点に導け!とにかく点をとるべし!あとはとにかくリバウンド!っていう、やっぱバスケの基本が出来ているチームが強いんですね。なるほど勉強になります。それにしても、前回アシストは0.3と勝率との相関はほぼ無い感じだったのに、突然0.9に跳ね上がりました。アシストの相関が高まったという事は、徐々にチームオフェンスの精度が高まってきたって事なんですかねぇ。アシスト数ビリのブロンコスさん、お答えは如何!?

プレーオフ6位進出枠は、6位横浜、7位仙台、8位青森の三つ巴抗争か!?
プレーオフ進出は、4位信州までもほぼ確定で見えてきた感じか。5位新潟もいけそうですが、3位から5位へ転落してきたところを見ると、ちょっとだけ微妙な感じもしないでもない。
6位枠周辺がやはり勝率5割とすると、現実的に手が届きそうなのが、6位横浜、7位仙台、8位青森。横浜はこのまま5割で、仙台、青森は以降を2つ勝ち越せば5割。この3チームの直接対決が特に見ものです。個人的には、仙台の志村選手のプレーが好きなので、仙台にがんばって貰いたいなぁ。ただ、青森は、まだブロンコス戦を4戦残しているのは大きいぞ!ってブロンコスをなめんな!
といっても、まだ半分終わっただけなので、大番狂わせで、東京、群馬、埼玉の関東弱小三羽烏にも可能性が、、、無いな。

3Pの秋田、2Pの岩手
秋田の飛び道具が凄い。得点がイースタン1位だが、その内訳は3Pがなんと31.1%を占めている。フリースローが15.3%ってことは、シュートの半分が3Pで、それを最も高い確率で沈めている。3Pの成功、試投、成功率と全て一位で、何とも恐ろしい飛び道具である。
一方で、3位岩手は2Pの鬼。2Pの成功、試投、成功率と全て一位で、逆に3Pは全てが11位とビリなのが面白い。成功率もビリってことはもう打っても入らないと開き直ったか、勝率との相関関係がない3Pよりも、強力に相関関係がある2Pに徹底していく方針なのか、いずれにしてもこだわりを感じる2P攻め。約70%を2Pでとり、3Pなんて15%。総得点5位は、やはり3P不足か。また面白いのが、シュートの総成功率が1位だから、オフェンスリバウンドが11位なのは落ちる本数が少ないからか。しかし、ディフェンスリバウンドは3位なのにオフェンスリバウンド率が9位ってことを考えると、オフェンスリバウンドはやはり極端に弱くなる。色々極端で面白いぞ、岩手。

肉を切らせて骨を絶つ、侍・信州。
得点2位、失点11位とこれだけ試合をしても、前回と順位変わらず。こだわりのスタイルか!?とられた以上に取り返す、倍返しだ!ってか。試合を見ていても楽しかったが、とにかく速い展開でどんどん点をとってくるスラムダンクの豊玉スタイル。素人の私は、やっぱりこういうバスケが楽しくていいなあ。去年のブロンコスはこんな感じだったなあ。まあ、肉を切らせたら骨まで絶たれちゃうがほとんどだったけど。

シュートがとことん入らないけど6位だった青森、注目していたけど。。。
前回、得点ビリ、シュート成功率ビリ、ターンオーバービリでオフェンスダメダメ、でも、失点1位、リバウンド数は2位、スティール3位とディフェンシブで、結果6位とプレーオフ圏内。とても興味を持ってみていましたが、やっぱ落ちちゃいましたね。やっぱ失点、スティールの数字落として、勝ちの限界超えたか!?いずれにしても、よーわからん。

関東の唯一の星、横浜がプレーオフ圏内へ復活。
前回は、徹底的にスタッツを落とした横浜。しかし、また持ち直してきました。一体何があったのか!?リバウンドが5位から1位になったのは、一つの大きな要因なんだろうなあ。どうやったら選手の入れ替えなくそこまで変わるのか、ブロンコスに教えてあげてくれよ!また、相変わらずフリースロー試投、成功が1位。不動のポジションでゴール下ゴリゴリタイプ。フリースロー成功率を4位から2位にあげたのは、接戦でものを言いますね。得点比率22%ってどんだけフリースローでとるんじゃい。

東京、嵐を起こせず
前回、ほとんどのスタッツを異様に伸ばしたのが印象的だった東京。あのまま伸びて行ったら面白いぞ!bjに嵐が巻き起こるかも!?と思っていましたが、残念。結局、関東弱小三羽烏の定位置からは抜け出せず。

そして我らが大好きブロンコス

成長

3P成功率が0.2%向上、失点0.9点下げたが、それ以外は全部下がった!ぐぬぬ。前回も下がりまくったが、まだ下がるか!?せめてどこかに重点決めて、スタッツ伸ばそうよ!

さて次回は、スタッツまとめを初の東西あわせたものでやってみます。東西で特徴はあるのか!?東西あわせて順位表を作るとどうなるのか!?bj初心者の私には、かなり興味深々です。

===============================
拍手してくれると歓喜します!
web拍手 by FC2
===============================

Category: 埼玉ブロンコスVS

Comment (0)  

謀りおったな!! VS奈良

「おのれシューセー!謀りおったな!!」

奇襲でとどめを刺すとはなんと卑怯か!古来より侍は、夜襲でもせめて枕を蹴り上げてから叩き切ったという!その侍としての誇り、お主はどこぞへ捨ててきたぁぁぁ!

VS奈良2日目、第2Q残り30秒、6点ビハインドで迎えたタイムアウト後のプレー。なんとか点差を縮めて2Qを終わらせたい。そんなさなか、突如シューセーが寝返り、2Qの攻撃に終止符を打たせた。

ぽっかり空いたゴール下に向かって、マークマンを振り切りながら素早いドライブイン、振り切れないマークマンにおかまいなく、強引にレイアップのためにジャンプ!

そのままファールでももらっちまえ!と思ったその刹那、

寝返った。

空中でボールをひょこっと下げ、もうひとりゴール下で待ち構えていたプレーヤーにパス。タイミング、パスのボールの位置、どれをとっても完璧でドンピシャ。ゴール下でボールを受け取ったプレイヤーは、超フリー。さあ!がつんとダンク!といくはずも無い。なぜなら、その絶妙なパスの相手は、奈良の選手だ。

唖然とするブロンコス陣を置き去りにして奈良は速攻。シューセーの寝返りパスは見事に、速攻からの豪快なダンクを演出。奈良は大盛り上がり、ブロンコスは2Qを意気消沈のまま終了。タイムアウト後に相手の豪快なダンクを演出するとは、もはやいくら積まれた!?と問いただされても仕方が無い。なんて移り気が激しいやつだ。

寝返り
※寝返りの瞬間(相手選手に絶妙なパス)

シューセーのプレーは、ボール運びが速いだけでいつ観ても面白くない。オフェンス時は3Pラインあたりをふらふらしてボールまわし要因、ドフリーになってもシュートを打たない、打ってもリングに当たらない。トリッキーなパスは、よくあさっての方向へ飛んで行く。スピードはあっても、躍動感が無い。PGに躍動感が無ければ、チームのオフェンスには当然そんなもの生まれない。しかしそれも、この日の2Qまでの話。そう、前述のシューセーのパスは、寝返りではなく、3Qへの布石であった。

この日の3Qからのシューセーはとても良かった。PGがゴール下へ切り込んでから始まるオフェンス展開が大好きな私は、この日のそんなシューセーのプレーが、観ていてとても楽しかった。そういうプレーこそシューセーのスピードもトリッキーなパスもいかせるじゃないか!シューセーの持ち味を存分にいかせる!こんなシューセーを観たかった!やっと観れた!もっとやれ!失敗してもいいからもっとやれー!である。

実は昨シーズン、シューセーのプレーを観た時からシューセーが好きで、今シーズンは北向もいなくなるからプレータイムが伸びるだろうと、とても楽しみにしていた。しかし蓋を開いてみると、長くなるプレータイムにともない露見してくる経験不足や攻めきれないHCの戦略、そして周囲からの雑音で、試合をするごとにどんどんプレーが縮こまってきてないか?と感じていた。自信が感じられないのである。しかし、ハンフリーのアリウープダンクを引き出すパスを出せる選手はシューセーしかいないし、トリッキーなパスだって、うまく機能すれば最高の見応えだ。スピーディなゴール下へのドライブインで相手をかき回せば、きっとチームのオフェンスに躍動感が出てくる。

そう、シューセーの進化こそ、チームの得点力はもちろんの事、バスケットのエンターテイメント性を最高に高めてくれる。そこが何と言っても好きなところで魅力がある。ディフェンスは文句無しに素晴らしい選手だ。これを機に自信をもって思いっきりオフェンスもプレーして欲しいし、思いっきりゴール下へ突っ込んで行って躍動して欲しい!PGとしての素質は十分にあるはず!シュート力以外は!(だからそこがきびしー)

===============================
拍手してくれると歓喜します!
web拍手 by FC2
===============================

Category: 埼玉ブロンコス

Comment (0)  

やるの?やらないの?

「別に頑張らなくていいよ、成果を出せば。」

社会人になってすぐの仕事は営業だった。配属された職場は、会社でも1、2を争う成績の営業所で、その分、筆舌に尽くし難いほどの厳しい営業所だった。今となっては、ここで社会人としての礎を築いて頂いたと、それこそ筆舌に尽くし難いほど感謝をしているが、あの頃は本当にきつかった。

成果を出すためにどうするか、一通り方針を述べた後で、必ず聞かれる。

「わかった。で、やるんだな?成果をだすんだな?」

「はい、頑張ります」

というと怒られる。そして、冒頭の事を言われる。

そう、頑張らなくていいのだ、成果さえ出せば。逆に言うと、「頑張る」だけでは、何の価値も無いという事の裏返しだ。そう追い込まれると、もはや「やります」としか言えない。でも、言った以上、なぜかやることができるから不思議だ。営業でなくなった今でも、仕事で「頑張ろう」とは思わない。「頑張る」事は成果を出すための一つの手段にすぎず、「やる」「成果を出す」事に価値がある。そういうスタンスをもてた事は、当時の上司にとても本当に感謝している。

HCのコメントに、「頑張ります」という言葉がでると腹が立つ。成果を求められる人にとって、「頑張る」とは格好の逃げ言葉であり、成果を約束しない無責任な言葉だ。そうではない、「やる」のか、「やらない」のか、どっちなんだ。「成果を出す」のか、「出さない」のか、どっちなんだ。頑張るのは選手だけで良い。HCは、「やる」「成果を出す」のが仕事であり、間違っても「頑張る」のが仕事ではない。

HCの試合後の数々のコメントから、仕事のスタンスを改めて思い出させていただきました。

===============================
拍手してくれると歓喜します!
web拍手 by FC2
===============================

Category: 埼玉ブロンコスVS

Comment (0)  

第1回 馬鹿デスマッチ VS奈良

「このVS奈良2日間は、埼玉ブロンコスのチームキャラクターの「馬」と、バンビシャス奈良のチームキャラクターの「鹿」にちなんで、「第1回 馬鹿デスマッチ」を開催しまーす。」

「これもバンビシャス奈良が今シーズンから参戦したおかげですね!まさにやっと実現したドリームマッチですね★」

「そうなんです!ルールは至ってシンプルかつ負けると地味に屈辱的、なんとこの2試合の負けチームは、2日目の試合終了後に、おでこに「馬鹿」と油性マジックで相手チームに書かれまーす。そう、ちょうどキン肉マンの「肉」みたいな感じですねー。」

「なるほどー。じわりと屈辱的ですねー。でも、屁の突っ張りはいらんですよってね★ところで、グッチはどこまでがおでこですかね!?」

「はいー。しかもそれだけでなく、その後はチームの集合写真をとりまーす。集合写真の際は、埼玉が負けた場合は、トチ狂った暴れ馬のポーズで、奈良の場合は、生まれたての子鹿のポーズでの写真となりまーす。もちろん、チームHPのトップページには最低1ヶ月は掲載されますので、その辱めは時を経るごとに一般の人々にさらされていく事になりまーす。」

「おー!みなさんも、「チョ→ウケるw」って感じで、どんどんツイートして拡散しちゃってくださいね★ところで、グッチはどこまでがおでk」

「集合写真だけではありませんよ!個人の写真も別途撮影し、HPの選手紹介の写真は、全ておでこに「馬鹿」と書かれた写真に今シーズン中変更になりまーす。」

「チョ→ウケるw ところで、グッチはどこまでがおd」

「なお、2試合しかありませんので、引き分けでは興ざめしてしまいますから、完全決着型のデスマッチ形式で実施しまーす。つまり、勝敗ではなく、2日間の合計得点で競いまーす!」

「合計得点が同点だった場合は、どうなりますか!?」

「、、、想定していません★」

「ところで、グッチはどこm」

「それでは、試合をお楽しみに★」



===============================
拍手してくれると歓喜します!
web拍手 by FC2
===============================

Category: 埼玉ブロンコスVS

Comment (0)  

ファッキュー! VS群馬

bjTVを観戦中のVS群馬2日目、ピリピリした雰囲気が、突如として試合会場から我が家にまで押し寄せてきた。

「ファッキュー!!」

妻「なによ!」

「ファッキュー!!」

妻「言いたい事あるならいいなさいよ」!

私「俺じゃない俺じゃない!!言ったのは、群馬のダルコ・チョ◎※¥@▽$(噛んだ)だよ!」

妻「え!?あんな紳士的なダルコ・チョ◎※¥@▽$(妻も噛んだ)がいうわけないでしょ!」

なるほど、疑われた私は紳士ではないと。まあ、bjTVを観ずに本を読んでいる妻が疑うのも無理は無い。家にいるのは、妻と私の2人とボストンテリアの犬1匹。よもやボストンの血が騒いだ犬が「ファッキュー」と言うわけも無いし、神聖なバスケットボールの試合から「ファッキュー!」という放送禁止用語が飛び出すはずも無い。ましてや、それをそんな大音量で拾うはずも無い(見事に拾った)。そうなると、消去法的に私が言ったことになる。しかも、開幕戦を観に行ったときのダルコ・チョ(略)の紳士的なイメージが、さらに事実を嘘にねじ曲げさせる。

しかし、我が家はピンチでも、ブロンコスは大チャンスである。群馬は、カルロス・ディクソン選手がいない上にダルコ・チョ(略)も退場。ブロンコスも得点王が出場しない様子だが、昨日の勝利の勢いにさらに追い風が吹いた事には間違いない。いよいよ、昨日に続いて今日も勝利で今シーズン初の連勝、二度と無い下位直接対決で群馬と勝率で並ぶ一大チャンスが巡ってきた。この状況で負けるはずが無い、ブロンコスがいよいよ次の波に乗る、千歳一遇の未曾有の大チャンスである!!


って負けたー!!うーそーだーろー!


「ファッキュー!!」

妻「だから何よ!」

「ブロンコスのHCに言ったんだよ!!」


===============================
拍手してくれると歓喜します!
web拍手 by FC2
===============================

Category: 埼玉ブロンコスの選手

Comment (2)  

ヤマザキ一番!


※「ヤマザキ一番!」の歌

「頑張ってください!」
「あ、はい、頑張ります!」

公開練習で、まだ練習生だった山崎選手の綺麗なシュートフォームにみとれ、普段は特に選手に声をかける事もしない私が、思わず公開練習の最後のハイタッチの際に「頑張ってください」と声をかけた。言われ慣れていないのか、突然口を開いたおっさんにビビったか、「あ、はい、頑張ります」とびっくりしながら笑顔で返してくれたのが、妙に印象的だった。(本人は多分覚えていないだろうが)

このブログでも、事あるごとに出せ、もっと出せと言い続けてきたが(ここここここここ)、VS群馬の2試合でついにより長いプレータイムを獲得する事が出来た。それが何よりも嬉しく、連敗も止めた事も加えれば、お腹いっぱいで吐きそうなくらいだ。しかも、1日目1Q2Q計6分、2日目2Q9分と、いつもの4Q残り数分とは異なる起用のされ方だからなおさらだ。特に、2日目、あれだけ決めたがっていた3Pを沈めた時は、思わず歓喜した。しかも2本だ!そして長いと言ってもたった9分で8点!シュート本数は6本にもおよび、たった9分でここまでリングアタックするアグレッシブな選手は、残念ながら今のブロンコスの日本人選手にはいない!ザキヤマの活躍とともに高まる興奮、頭の中で鳴り止まない「ヤマザキ一番」の歌。上昇する体温(風邪引いてbjTVで観戦)はノンストップランナウェイ!トマラナイ☆ もっとだせ!もっと点とれる!ともはや体温の上昇もとどまる事を知らない(試合後すぐに寝た)。

私の偏見たっぷりだが、彼のシュートフォームやドリブルはブロンコスのどの選手よりも華麗で、ドリブルからパスの一連の流れも非常に華麗。さらには、フリーでボールをもらうのがとてもうまい。要は、顔に似合わずプレー全般が華麗でセンスがいい。そして、なによりも「俺が点をとる!とりたい!」という、得点王頼みになりきって、ブロンコスに不足している気がするリングへまっすぐに向かうアグレッシブさが、彼にはあると感じている。

もはや「シュート」と「ターンオーバー」が同義語になりつつあるシューセーに代わって、マスジュンにはPGで頑張ってもらうとして、SGはグッチとザキヤマの2枚看板で安定させてはいかがだろうか。いや、そうして欲しいと切に思うし、下手すりゃメインSGにすぐになれると思っているくらいだ。そして、ザキヤマという若手の今後の成長期待ももちろんのこと、会場の盛り上がりからすれば、エンターテイメントとしても申し分無い事は言わずもがなだ!戦略は諦めるから、そこの2点はどうかよろしく!


===============================
拍手してくれると歓喜します!
web拍手 by FC2
===============================

Category: 埼玉ブロンコスVS

Comment (0)  

ブロンコスを好きになってよかった VS群馬

しょうほくにはいってよかった のコピー

しょうほくにはいってよかった 1 のコピー

「ブロンコスを好きになってよかった」

たった1勝で、これほど歓喜し、泣ける事が他のチームで出来るだろうか!勝利というものの喜び、これを猛烈に噛み締める事が出来るのがブロンコスだ!

このブログを書き始めて初の勝利!勝った時にどんな事を書けばいいのか慣れていないのでわからん!とりあえず、今日のVS群馬2戦目が始まる前に、この喜びを書き留めておく。


===============================
拍手してくれると歓喜します!
web拍手 by FC2
===============================

Category: 埼玉ブロンコス

Comment (0)  

Z旗を掲げよ!


Z旗2

Z旗
Z旗
「皇国の興廃此の一戦に在り、各員一層奮励努力せよ」


時は日露戦争。当時世界最強と恐れられたロシアのバルチック艦隊との日本海海戦。
バルチック艦隊が日本海を通過してウラジオストク港に到達したら、もう日本には後が無い。絶対に日本海で全滅させねば、日本に明日は無いのである。そんな崖っぷちの状況と勝利の決意を各員に徹底すべく、海軍一の天才・秋山真之(連合艦隊参謀)がZ旗に上記「皇国の・・・」の意味付けをし、開戦直前に旗艦の戦艦三笠にZ旗を掲げて各員の意気を鼓舞した。司馬遼太郎の「坂の上の雲」では、最高に盛上がる場面だ。なお、「Z」が意味するところは、「後が無い」である。

さて、今年は午年、しかも60年に一度の丙午(ひのえうま)の年だ。そう、じゃじゃうまの年、まさにブロンコスの年である。しかし、そのじゃじゃ馬も、肝心の騎手が乗りこなす事を出来ずに、どうやらあらぬ方向へ暴走してしまっているようだ。

沖縄戦を終え、気がつけば22敗。しかも19連敗とチーム記録タイに並んだ。まさに崖っぷち、後が無さ過ぎる状況であることは言わずもがな。どうやら、我らが大好きブロンコスも、そろそろZ旗を掲げなければならないようだ。なぜなら、これから連敗記録を伸ばしていくにつれ、経験したくない悲劇的なXデーが目白押しになってくるからである。まさに、1試合1試合が、「ブロンコスの興廃、この一戦にあり」である。

第1Xデー:1・11所沢市民体育館 VS群馬 チーム連敗記録更新(20連敗)
第2Xデー:2・1 所沢市民体育館 VS福岡 プレーオフ絶望(通算27敗目)※1
第3Xデー:2・8 さいたま市記念総合体育館 VS島根 bjリーグ連敗記録更新(26連敗)
※1 実質的にプレーオフなんてもはやあり得ない事くらい承知しているが、数字の上で可能な以上は、諦めないとこにしている。その諦めポイントを、勝率5割以下が決定する27敗目とする。

ぬおー!落胆イベント目白押しー!今後最終戦まで連敗しても、高松の最低勝率記録0.38(2勝)とはタイで踏みとどまれるにしても、第3Xデーまで通過してしまうと、毎試合がbj連敗記録更新日になってしまう!

うおー!Z旗を掲げよー!かーかーげーよー!会場に掲げるも良し、コーリーの机に掲げるのも良し、チアがブロンコスフラッグのかわりにZ旗を振って踊るのもありだー!(あ、おもしろうそう!)俺はブログに掲げたぞー!(右上)

しかし、まだ勝機はある。

なぜ、極東の小国の日本海軍が、世界最強のバルチック艦隊に勝つ事が出来たのか。それは、数ある理由の一つとして、秋山参謀の優れた作戦を確実に実行すべく、決戦場と予想した波の高い日本海で訓練しまくったからである。その結果、喜望峰経由で前代未聞の航海を経てお疲れのバルチック艦隊を、ホーム会場の日本海で見事に壊滅に至らしめた。

さて、上記全てのXデーが、遠方から敵を迎え入れてのブロンコスホーム決戦。心強いブースターがたくさんいる。まさに、「天気晴朗なれども、波高し」である。

あ、秋山参謀のような優れた作戦がないことは、無視しています。(そこがきびしー)

たのむ!応援するから頑張ってくれ!一生懸命ブーストするからー!って第1Xデーの1・11は出張ー!しゅっちょー!ぎゃふん!

===============================
拍手してくれると歓喜します!
web拍手 by FC2
===============================

Welcome!!!

UMA

Author:UMA
プロバスケ・bjリーグの埼玉ブロンコスを応援中!興味がわいたら、ぜひ会場に観に行きましょー!っていうのが目的のブログ。

Log
Categories
Comments
Comments<>+-
Trackback <> + -
Claps Ranking
Article Ranking
Go!Go!
bjリーグのブログに興味がある方はこちらからどうぞ

にほんブログ村 その他スポーツブログ bjリーグへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ 埼玉ブロンコスへ


Links
Mail

Name:
Address:
Title:
Message:

Etc

1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 2014
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。